★OPTIMIST★

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

のんだ

今日は新宿で打ち合わせがあった。

んでもって、終わったのがちょうど夜の8時過ぎ。

お昼に、ありとさんからメールで

「今晩新宿でのもう。」とのお誘い。

タイミングよすぎ。

ということで、

9時くらいから、おれ・ありとさん・桜田ネーさんの3人でのむ。

とちゅうから、おれの 友達も合流。

ありとさんは、まだタバコを吸っていた。(わかる人にはどういう意味かわかる。)

やっぱり、むかしからの知り合いはほっとしますね。
[PR]
by t-kami0111 | 2005-11-28 01:00

営業所旅行

昨日今日で会社の旅行にいってきました。(24~25日)
泊まったのは「箱根」

朝8時半出発
昼にそば打ち体験。
その後、体育館でバスケ大会。
夕方、宿に到着
宴会
宴会後、部屋で2次会。
3時半に就寝。
次の日
9時出発
大涌谷(硫黄臭い観光スポット)で黒卵を食べる
芦ノ湖で遊覧船
昼食
バスに乗って会社に戻る。

こんな感じの旅行。

混秋の旅行で一番のポイントは宴会。
新人は芸をやらなくてはならない。。
そんなもんだから、前もって準備&練習をしなければならなかった。
学生の時とは違って、自由な時間がないため
同期で集まる時間も限られている。
んなもんだから、芸ミーは大変。
ネタも中々、決まらず。
社会人はそこんとこきついね。
芸ミーのため貴重な自分の時間を削らなくてはならない。
大変だった・・・。

結局、やった芸は
「オリエンタルラジオ」

あの「武勇伝武勇伝武勇でんでんででんでん♪」ってやつ。
ネタは、会社の先輩の武勇伝&自虐ネタ。
だいぶなれてきたから、かなり辛口に先輩方をいじった。

結構あれって、動きが難しい。
同期は3人いたので、本とは2人のところを3人でやったもんだから
動きをあわせるのが難しい。
練習もする暇なかったから、基本的に自主練で対応。
それでも時間がなかったので、よるの7時から8時半くらいまで会社の
会議室を使って練習したら、先輩社員にブチ切れられるし。。ほっせ。。

すったもんだで、不安を残しつつ本番。
もし、ネタが突っかかってしまった時用のネタも準備してた。

本番はばっちりOK!!
ほとんど間違えず完璧に近いぐらいで出来た。
先輩方の反応はかなり良かった。

旅行前にいろいんな先輩から、「何やるの?」的なことを聞かれたり
何をやるのか予想されたりしていたけど先輩方は
「オリエンタルラジオ」は難しいからやれないだろうという予想だった。
そこで、結構、完成度の高いネタを披露したもんだから、
芸の後は、みんなに「おもしろかった」といってもらえた。

良かった良かった。。

新人3人、一気に安堵。


社会人にもなって、芸をやるとは思わなかった。。
しかも、下手にグダグダな芸をやったら、かなり批判を食らう。
そんなサークルの芸とは違う、緊張感のある芸。
きついね。

もうやりたくない。

芸が終わった後の所長の一言。
「面白かったよ。来年も期待しているよ。」

・・・。
来年もやれってことか?!

ほっせ。
[PR]
by t-kami0111 | 2005-11-25 00:15

昔からいろんな人と恋愛の話をしてきたが
いつも思うことがある。

それは
「人は皆、淋しがりや」だということ。

一見、強そうに見える人であっても
実は強がっているだけで弱い。
女性に限らず、男もそう。

だから人は相手を求める。
淋しさをうめるのは同姓ではなく異性。
だから人は恋をして
抱き合ってキスをする。

「好き」→「付き合う」という流れになるのは
その淋しさを、心の隙間を常に埋めようとするためなのだろうか。

好きだから一緒にいたいという感情、好きだからあいたいという感情、
好きだから声を聞きたいという感情、好きだから抱きたいという感情   etc...


淋しいから一緒にいたいという感情、淋しいからあいたいという感情、
淋しいから声を聞きたいという感情、淋しいから抱きたいという感情   etc...

同じように感じる。

淋しいから好きになる。

淋しさをうめてくれるから好きになる。

人を好きになるって、こういう流れの場合が多いような気がする。


そうしたら、いつも一緒にいてくれる人であったら、誰でもいいのだろうか。

より淋しさをうめてくれる人を望むのであろうか。

淋しさをうめる=楽しませてくれる でもあるし、
淋しさをうめる=一緒にいてくれる でもあるし
淋しさをうめる=安心する でもある。

用は、みんな「淋しさ」を避けたいため恋愛しているのか?
「好き」という感情は「淋しさ」から産出されるのか?

ん~、いまだにわからんね、
「好き」という感情は。
[PR]
by t-kami0111 | 2005-11-18 02:41

GOOD MORNING?

最近、ブログさぼってました。
というのも
長々と旅行のはなしかいてたんだけど、
間違えて上の「戻る」ボタンおしちゃったら、全部消えてしまって、
それ以来、書くのが億劫になってました。

旅行のながい話はまた今度暇な時に。

んで、話は変わって、
この休みの話。

水曜の朝、いきなり
「がさ入れだ!」
の一声で、めがさめたんよ。

え?

と思ったら、マトリックス風なコートをき、真っ黒なグラサンをかけた男が1人と
まだ秋なのに、真冬の格好をした男1人が目の前にたってた。

1人は俺に、手にもっているバズーカを向けている。

ん?
夢か。

と思った。

ん?

よくよく見ると、会社の先輩。

1人がカメラを回している。

あ!やられた!!



11月に営業所旅行があり
その時にバスの中で何かおもしろ映像を流すという話は聞いていた。
そのためのビデオをとられたのだ。。。

先輩はわざわざ、1ヶ月前から社内メールでいかにも!って感じの文章を書いて
新人から会社の寮の合鍵をゲットしていた。
何も知らず、新人達は合鍵をその先輩に渡していた。




寝ぼけている俺をよそに、がさがさと俺の部屋をあさる。

別に怪しいものはないから見てもいいけどさー

ちょうど部屋が悲惨な状態だったんだよね~

ちょうど火曜日に、衣替えしようとしてて、終わらないまま疲れて
寝たもんだから、部屋の中はぐちゃぐちゃ。

出そうとしていたゴミに玄関はあふれてるし。
夏服、冬服がユカに放置されっぱなしで足場がないぐらい。

よりによって、こんな時にこなくても。。。

全くタイミングが悪い(いいのか?)先輩方。


醜態をさらしてしまった。。。

11月の営業所旅行でどんな編集をされているのかが不安。。。



その後、同じマンションに住む同期の部屋に
先輩と一緒にがさ入れに行ったことは内緒です。
[PR]
by t-kami0111 | 2005-11-10 23:43

★旅行2日目(その5)★

空を眺めつつ合掌造りを見つつ

散歩続行。

ふと今度は足元を見るとこれ↓
d0053449_23174738.jpg

マンホール
合掌造りの絵


若干、取り返した靴がうつってるw



ちょっと歩くとお店発見。

みたらし団子~~!!
d0053449_23205072.jpg
背景が緑だと、おいしそうに
見えないね・・。
みたらし団子なるものを今まで
食べたことがなかったので、初体験。
予想していた味とは違ってびっくり。
甘いものだと思ってた。。。




全部食べた後、また散策開始。

んで、あるお店に入って
これ↓
d0053449_23233318.jpg汁団子。
小豆味。
さっき団子食べたばっかりだったのに
また団子
なんか先の団子が甘くなかったので
突然、甘いものが食べたくなった。
これは予想通りの味。
しかも、うんま!



大満足。

またまたまた散歩再開。

すると今度はある張り紙を発見。

d0053449_23311364.jpg
内容は
『白川郷にお嫁にきませんか?
一番大切な時間
そんな時間を白川郷で
とっておきの素敵な出会いを
ご紹介いたします。
ふたりの笑顔と感動を
それが私達の願いです。』

白川郷社会福祉協議会
結婚相談委員会 担当まで

気軽にご連絡ください。』




だそうです。

連絡先も書いていたので、知りたい人には教えます。
お勧めです。
特にラグ出身の女性がたw


白川郷には川も流れてます。
d0053449_2342076.jpg






きれい。









さんざん散歩満喫♪
歩きまくってつかれた~~~!

宿に入って休むことにした。


このときには、これからバトルが始まるとは予想だにしなかった・・・。



                                  旅行2日目(その6)に続く・・・
[PR]
by t-kami0111 | 2005-11-06 00:00

★旅行2日目(その4)★

入ったお店はこちら↓
d0053449_22585818.jpg











なかなかいい雰囲気。
囲炉裏の周りで食べる感じ。

そのお店で注文したのがこれ↓
d0053449_2322133.jpg


焼き豆腐定食






これが中々いける。

久々に食べた~。おいしい豆腐。
豆腐をつけるたれもおいしかった~。
満足。
熊の肉よりおいしくヘルシーでよかった~~。

おなかを満たした後は、さっそく白川郷の観光。


まずはすぐ隣にある和田家へ。
d0053449_2374031.jpg江戸初期の暮らしを伝える合掌民家・和田家
白川村の合掌造り集落で最大規模を誇りかつ最古の民家。国の重要文化財に指定されている式台付きの玄関など格式の高い造りをもち、江戸初期とみられる建築文化の粋を今日に偲ばせている。和田家は天正元年(1573年)以来、代々弥右衛門の名を継ぎながら江戸時代には庄屋や番所役人を務めるとともに、白川郷の重要な現金収入源であった塩硝の取引によって栄えた。


玄関で靴を脱ぎ入る。

下駄箱に同じ靴があったので、自分のとわかるようにはじっこに寄せておいた。

中に入ると、こんな感じ↓
d0053449_23172164.jpg


観光客たくさんいるね。


んー古い民家って感じ。いいね~。





さらにおくに進むと、なにやら注意書きが。

「この先、居住空間のため立ち入り禁止」

へ?

住んでるらしい・・・。

こんなに観光スポットに居住空間がある。
考えられないね~~。
自分だったら、そんな中で生活するのはストレスを感じそう。
見ず知らずの人が、毎日何百人も入ってきて
歩き回ったり写真をとったり。。。

白川郷のすごいところはそこなのかもしれない。
どんなに古くても、たとえ世界遺産に指定されて
観光客がいっぱいおしよせても、
白川郷に住む人々の生活の時間はそのまま進んでいる。
白川郷の魅力は、観光地としてただ保存されているのではなく
生活もある中で保存されていることだとおもう。

そんなことを感じつつ和田家内を見て回る。

全部見終わったので次の合掌造りの家を見ようと思い
外に出るため、玄関へ。

「ん?」

奥に置いておいた靴がない。

・・・。

靴、間違えられた・・・・。

おいおいおいおいおい!!

間違えないようにとわざわざ、わかりずらい奥の方に置いておいたのに!!

和田家の受付にいたおばちゃんに、靴を間違えられたことを告げたが
どうすることも出来ない。
あたりまえだけど。
なのにおばちゃんは自分のことのように心配してくれた。
いい人だ~~。


しょうがなく、同じ靴だが全然知らない人の靴をはいて
間違えた犯人を探すことに。

その靴を履いたら全然サイズが違う。
ぶかぶか。

なんではいた時に気が付かないのかねぇ?
こんなにサイズ違うのに。
馬鹿でないかい?
せっかくのまったり気分をぶち壊し!

いらいらしながら、どんなやつが履いていたかわからない
気持ち悪い靴を履いて、広い(?)白川郷の村の中をカンで探す。


(5分後)

かみレーダー反応!!


道の反対側に目標発見!!

明らかに俺の靴。

履いていたのは




・・・・デブ男。



おいおいおいおい!!やめてくれよぉ~~~。




声をかけ、靴をまちがえて履いていることを指摘。



「あれ、これちがうのかブ~~~~」(ブー太郎風)

「ちと、あんた、どっからどう見てもそりゃーあたしの靴だよ」(まる子風)

「気が付かなかったブ~~~。ごめんブ~~。」



世界遺産の白川郷のある路上で
お互い靴を脱ぎ交換。

履いた瞬間の、温もり。

鳥肌が立った。。

気色悪いね。しらないひとに自分の靴をはかれるのは。
しかもデブ。

心なしか、靴のサイズが1サイズ、アップしたような気がした。


まぁ、見つかったことで一安心。

和田家に戻り、
心配してくれたおばちゃんに見つかったことを報告。
自分のことのように喜んでくれた。
いい人だ~~~。

一気に心が和んだ。

気を取り直して、観光続行!


ちょっと山よりの方へ散歩。

山側の方は車が入ってこないのでいい感じ。

d0053449_23472241.jpg








d0053449_23484112.jpg








d0053449_23493946.jpg








d0053449_23503582.jpg








いいね~~。散歩するだけで気持ちがいい。

ふと足元を見ると水路に魚が。
d0053449_2352597.jpg








今度は空。

d0053449_23524750.jpg








d0053449_23535469.jpg









青い空、白い雲。

東京に移り住んでから空を見上げることがほとんどなくなった。
久々に、開放された空を見た気がする。



                                  その5へ続く・・・。
[PR]
by t-kami0111 | 2005-11-05 00:04



社会人7年目kamiのDEEP?な日記~in 東京
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30